講義情報

プログラミング演習Ⅱ

開講年次 B1


授業の目的はC言語のプログラミングに欠かせない基礎知識を修得することです。これまでの「プログラミング演習I」で学んだプログラミングの技能に、新たな知識/概念を加えることにより、この先必要になるであろうさらに高度なプログラミングのための基礎知識を修得します。

数値解析論

開講年次 B3


数値解析の基礎的な事項を理解して頂きます.また計算例,シミュレーション例を物理系や制御系など関連課題から紹介し,計算機を用いた課題解決ができるようになる事を目指します.


シミュレーション工学

開講年次 B4


一般的に工学研究の方法論には2つのアプローチ、実験と理論の研究があり、この講義では、それら2つの研究方法の中間的な特徴を持つ数値シミュレーションを用いて様々な微分方程式の解法アルゴリズムを学びます。


シミュレーション特論

開講年次 M1,M2


前半は,高速計算機と科学技術計算の変遷や現在のスパコンとその応用分野について理解を深めます.また,科学技術計算に適用される様々な計算アルゴリズムや高速化プログラム技法について学びます. 後半は,計算機シミュレーション全般に関する基礎知識を扱うが,主に分子シミュレーションで適用される基盤計算技術について学びます.また,実際にシミュレーションプログラムを作成したり,実問題に対してシミュレーションを適用し考察します.


量子・生命情報学特論

開講年次 M1,M2


このクラスの目的は、様々な分子シミュレーション技術によって解くことができる化学的,分子生物学的,生物物理学的現象を理解することです。 この目的を達成するために、私たちは分子シミュレーション技術の背景にある理論、すなわち分子力学(MM)法,分子動力学(MD)法,分子軌道(MO)法の基本概念を学び、比較的小さな分子(医薬化合物や有機材料)や生体高分子(タンパク質、RNA、DNAなど)の熱力学的性質や電子的性質について学びます。


高速計算プログラミング特論Ⅰ

開講年次 M1,M2


近年のスーパーコンピュータは,複数のマルチコアCPUと演算アクセラレータを搭載する計算機を,複数台,高速ネットワークで接続することで,高い処理速度を実現している.本システムの性能を最大限に引き出し活用するためには,マルチスレッド/マルチプロセス並列プログラミング技術やCPUと演算アクセラレータのハイブリッド処理技術の習得が必須である.  本講義では,OpenMP,MPI,GPUに関する講義,および実習を通して,プログラム高速化の概念や技術,並列プログラム開発技術などを学習し習得することを目標とする.


高速計算プログラミング特論Ⅱ

開講年次 M1,M2


 スーパーコンピュータシステムの性能を最大限に引き出し活用するためには,マルチスレッド/マルチプロセス並列プログラミング技術やCPUと演算アクセラレータのハイブリッド処理技術の習得はもちろん,より処理性能の高いプログラムを作成する能力が必要である.  本講義では,プログラム高速化に関する先端技術の講義,および実習を通して,高性能プログラミング技術や並列プログラム最適化技術などを学習し習得することを目標とする.


分子シミュレーション特論

開講年次 D1,D2,D3


このクラスの目的は、様々な分子シミュレーション技術によって解くことができる化学的,分子生物学的,生物物理学的現象を理解することです。 この目的を達成するために、私たちは分子シミュレーション技術の背景にある理論、すなわち分子力学(MM)法,分子動力学(MD)法,分子軌道(MO)法の基本概念を学び、比較的小さな分子(医薬化合物や有機材料)や生体高分子(タンパク質、RNA、DNAなど)の熱力学的性質や電子的性質について学びます。